スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守る意味はあるのだろうか?

偉大なる先人達は、己が魂をかけて国を守った。
先代達は、己の業のため、人々の魂を生贄に戦った。
現代は、己が業のためだけに、人々を食い物にしている。
こんな国を守る意味はあるのか?
むしろ滅びるべきではないのか?
先人達の勇姿は消え、残るは怠惰な業のみ。
ああ。
結局、馬鹿が上に立つと意味が無い。
なら、馬鹿を狩る事からはじめようか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。