スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滅びゆく神々

神とは一体何なのか?
一部では、生き神を祀り、一部では偶像を祀る。
中には、神という言葉で凡人を超人扱いする場合も。
結局は、元となったのは、逃避思考が生み出した都合のいい逃げ道でしかない。
そんな神なら・・・・砕けてしまえ!
はっきり言おう、神の存在や宗教の存在など、後付けで集うのいいように使いまわす道具でしかない。
なぜなら、キリスト教がいい例であろう。
あれは、後付けを繰り返すあまり、本来の性質が見えない。
本来は、マリアによる、子や人に対する道徳と教育方針であっただろうに。
いつしか、戦争の引き金のもとにされることにも。
そして、最近の怪しい宗教団体もまたしかり。
結局は、逃避した人間を糧に金を巻き上げるか、暴走した思考の元、狂気テロを起こす。
本来、守るべきはずの神が、狂気な欲望の後押しとなる。
哀れなる。
この世界に、守護すべき者はもういないのだろうか?
ならば、我はあえて言おう!
この世の神などいらぬ!
我こそが、この世界の王となることを!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。